2017年6月24日土曜日

西宮市総合福祉センター 見学


日時:平成29年6月24日(土) 9:30~12:00 場所:西宮市総合福祉センター

参加者:身障連/志方、こころ/村上、こむ1会/榎本、めふプラザ/溝田、こむの事業所/田中、こむ2運営委員/松本、宝塚市共同受注窓口検討会/熊渕・村上  




1,総合福祉センターの説明(細見様より)
◇質疑応答
・現在貸館は障害者団体等のみ利用可能である。今後条例改正の際に、ニーズに合わせ
て夜間等一般の方も使用できる形にしていく予定。
・スポーツや料理教室等の対象者は、障害者の方中心で利用されている。
・センターがまだまだ広く認知されていない。市民の方でも知らない人も多い。周知は課題である。
・主催教室の講師は障害関係の県協会の方や、指導できるスキルのある方をよんでいる。人件費は謝礼金としている。
・運営委員会は、市社協が進めている。事業報告、事業計画等を年3回開催している。
・障害のある方は、センターの使用料は免除となっている。収入は年間22万円程度。
・施設の収入の中に駐車場料金は入っていない(無料)。以前見積もりをとった事があるが、パーキングにするには5000万円程度かかる。すべて身障者用になっているが、実際は一般の方も駐車している。どのように工夫するか課題。

2. 施設内見学(市原様、大久保様より)
◇別館
・1階に青葉園が入っており、2階に会議室、調理室、多目的ルームがある。
・館内には貸し出しができる車イスあり。
・非常口はすべり台になっている。車いすの方は使用が困難なので、避難訓練の市は非常用階段で担いで降りていただく様にしている。また本館にそのままうつる事ができる。
・多目的ルームは防音になっており、プロジェクターが使用可能。

◇本館
・本館は1階に受付があり、本日のスケジュール等が掲示されている。
・相談できる窓口は土日休み。
・プールは障害のある方、一般の方の使用時間を分けているが、一緒に使用できる時間帯もある。広い遊泳コースあり、浅いコースもある。水着のままのれる車イスや、介護用更衣室が2か所あり。2階に見学室あり、家族や介助者が使用できる。常時2~3人の職員が配置されている。身体の保温を目的とした採暖室あり。
・体育館はバスケ1面分の広さ。車イスのまま使用できる体重計あり。
・トレーニング室は、一般より軽めの設定にしている。定員は15名で、指導員を配置している。障害のある方の前回のトレーニング内容や血圧等を記録により指導員が確認している。
・4階には和室があり、横になって支援会議等が行える。その他会議室、研修室あり。
・視覚障害者図書館は土日休み。録音室や朗読室あり、本だけでなく個人からの依頼の手紙等を音訳、点訳している
・利用案内は一般の方用と障害のある方用の2パターンを作成している。
・利用証を作成しており、毎回障害者手帳を持ってきていただく必要がない。
・障害のある方は無料。市内の65歳以上の方も証明があれば利用証は無料。