2017年1月21日土曜日

第2回みんなでつくるプロジェクト


開催日時:2017年1月21日(土) 10時00分~12時00分

参加者:20名報告の要旨
財団から、「第1回みんなでつくるプロジェクト」と「世話人会」を受けて、みんなで確認したいこととして話があった。
その後、参加者が数人ずつのグループに分かれて、財団からの話を受けて、意見交換を行った。
グループごとに意見交換や質疑応答を全員で情報共有した。


議事録

★「第1回みんなでつくるプロジェクト」と「世話人会」における確認事項
新しくつくる障害者施設の機能
現在のぷらざこむ2と同じ2つの機能
障害者スポーツ文化施設
めふプラザ作業所(さざんか福祉会)
めふプラザ以外の障害者が働く場 
障害者どうし、また障害者とそうでない人々との交流の場(世話人会にて) 
理念目的は、→障害者と健常者とが、共に助け合いながら協力しあう社会をめざす。
障害者とは?
財団の考え→障害者手帳を持っている人だけでなく、「生きづらさを感じている」人たち全て →理念
つくって運営するみなさんとは?
財団の考え→こういった考えに共感する人たち →理念

★質疑応答
理念に基づいて、ハード面を考えていってほしい
この施設だけでなく、福祉コミュニティプラザ全体で、目的を実現することでモデルケースになる。
現在、こむ1には支援グループ、ボランティアグループの登録があるが、障害者と健常者が意図的に交流する動きはない。
障害者の事故は、交流がないから手を差し伸べることができず起こっている。交流できる場があって気心が知れると、配慮できるようになる。
交流だけではなく、何のへだたりもない社会を目指すきっかけになる拠点をめざす。どんなものかはこれからの話し合いで検討する。
生きづらい人は、「内なる壁」と「社会の壁」の2つで苦しんでいる。
障害の違いによって、障害者どうしに差別感、上下関係がある。

★グループ討議
図書スペース、ショートステイがほしい。医療や障害者問題に特化した図書を置いてほしい。
利用は不特定多数の人で地域や外に向けての発信をする。
スポーツ、文化を通して、生きがいや居場所を見つけられるような場所にしたい。
障害者が運営し作り上げていかなければ意味がない。中心は障害者。自分たちが運営していくという意識が必要。
ただの貸し館にならないよう教室や講座を開く。障害者は既存の講座に参加しにくい。
ホームに入所の子どもたちが放課後や休日に過ごせる場。アシスタント、とし交通の便も必要。
認知症予防にも活用できる場所。
コミュニティプラザ全体の交流の場になってほしい。
地域の人が参加できるプログラムがあればよい。
仕事や余暇活動など、生きがいが感じられる場
施設(ハード)はコストが高くなっても、障害者が使いやすい施設(段差がない、文字表示があるなど)をつくり、運営はコストを低くする。
得意なことを生かし、得意なことを学べる場。
将棋の相手、話し相手など、人と人とをマッチングする場。
いつ来ても誰かがいる場所。
障害者がしたいスポーツや文化は何か、ニーズを集めて、受けとめる場が必要。
必要としている人への発信、PRが必要。
イベントは実行委員会形式で参加する。
運営も利用も障害者主体の施設。
したいことに応えられる施設(ハード)を作ってから、ソフト面を充実させる。
どういう施設を希望するか調査してみる。関係団体に要望を出してもらう。