2016年12月3日土曜日

第1回みんなでつくるプロジェクト

開催日時:2016年12月3日(土) 10時00分~12時00分
参加者:30名 

報告の要旨
さまざまな意見や提案が出される中、どのように議論を進め、施設を描いていくがという議論になり、プロジェクトの世話人をつくることになった。
みんなでつくるプロジェクトに参加表明をした人の自己紹介、思い、提案を一人一人が意見を出し合った。
みなさんからの意見・思い・提案
この施設に求めるものが、当然のことながら参加者の数だけあって、そのことが、改めて確認できたのではないかと思う。先ずは、施設に対するイメージを共有することが大切になると思います。
共通のイメージを持つことは大切だと思います。前回の会議で「障害者のための…」という目的はぶれないようにと言われたのと思うのですが、私の認識では障害者のみが利用(予約)できる(交流として、もちろん健常者も参加できる)と思っていました。その点、1つを取っても、皆の捉え方は違うと思います。財団として、ここだけは譲れない…なども聞いて、委員の方に大まかなイメージを作っていただけたら、うれしく思います。
こうやって大きな事が決まるのかあ~と、ただ感心してしまいました。費用対効果や、本当に利用があるのか、今現在のこむ2の利用状況なども、みなさんにお伝えしてはいかがでしょう?
色々な意見がありますが、分科会と全体会とを、うまく組み合わせて討議して行くべきです。
各人の意見聴取も大切、またスピード感を持ってやっていく事も重要。
新設する施設について
パラリンピックに適応できる程、大きな施設は望まない(舞洲にある)。
一般の参加者は、障害者と共に行動することが条件としてほしい(健常者同士で使う施設は他にある)。
障害別に特化したもの、こむ1会に登録し、こちらを使って欲しい。
健常者も使えるようにした方が良い(精神障害者は普段でも区別がつかない)。
「図書室」と言ったのは、本当に小規模なもので良い。
スポーツ(音を出す)、相談(例えば)は、「静かな方が良い」というTさんの意見は◎。
参加者コメント 終了時に意見コメント用紙を配り、参加者のご意見をお聞きしました。
一回目としては、話もおちついてできたと思います。
世界一のコミュニティープラザになることを願います。
いつもOさんが、がんばっていい話をしていること知っていましたが、こんなかたちでやっていけることは、とても大切です。また、ここでいろいろ話を聞いてすばらしいものをつくっていかたら、いまいいなと思いました。
いろいろな障がいをもたれた方達の困っていることが、まとまってすばらしいものができるよう、一緒にがんばっていきたいと思いました。
パラリンピックに適応できる程、大きな施設は望まない(舞洲にある)。一般の参加者は、障害者と共に行動することが条件としてほしい(健常者同士で使う施設は他にある)。
障害別に特化したもの、こむ1会に登録し、こちらを使って欲しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿